日本語教師になるための資格について

日本語教師とは要するに教員のことで、学校などの教育現場で働く人のことを表します。こういった職の人は勘違いされがちですが、自分の専門分野のみを勉強して教員の資格を得ている訳ではないのです。
日本語教師の場合、国語的な知識だけでなく、他科目にいても莫大な勉強をして知識を蓄えることで資格を取得して教員になっているのです。

日本語教師の資格情報といえばこちらです。

国語といっても非常に幅広い分野です。



日本語に関する知識だけでなく、漢文や古文などの知識や、日本文学史のような分野も勉強する必要があります。


つまり日本語教師の資格を取得するために日本語だけを勉強しているわけではないということです。


そもそも教員という立場になるには、教育心理学や教育史、子どもの学習や発達に関する分野を大学や専門学校で履修する必要があります。こういった教員をする上で必要な教養も持っていなければ教壇に立つことはできないのです。

これらをすべて網羅するためには、莫大なお金と時間、そして勉強量が必要です。


こういった労力を軽んじている人が多く、教師になるのはそこまで難しくないと考えている人も多いのです。



子ども達に教育をほどこすという立場になるということは、それを見守り正しい道に進ませるための役割を果たす必要があるということです。


広く教養を深め、正しいことを示せる人間でなければ教員になることはできず、そういった人間を選ぶための資格です。

なので日本語教師になる場合には、国語以外の知識も必要だということを念頭に置いておく必要があるのです。